トップページ

家を建てた当初、もしくは購入した当初は、ピカピカで綺麗な家なのは当たり前です。

ですが、年数を重ねるごとにいろいろなところが劣化してきてしまい、修理したり、リフォームしたりする必要が出てくるものです。

今は「100年住める家」なんてことを住宅メーカーでは言っていますが、実際にはもっと短くなる事もありますし、逆にそれ以上住める場合もあるでしょう。

それは「100年過ごしてみないと分からない」というのではなく、やはり家のメンテナンス次第なのです。
誰も住まなくなった家がすぐ劣化してしまうように、日々のメンテナンスが大切になってくるというわけです。

家で一番劣化が激しいのが、外壁です。
外壁は常に雨や風、雪、強い紫外線、寒さ、熱などにさらされているので、非常に傷みが激しいところなのです。

また、日本は地震大国ですから地震により外壁にも負担がかかるのです。
毎日見ている方はあまり気がつかないかもしれませんか、年々色褪せしてくるものですし、強度も弱くなっていくのです。
それを放置したままでいると、外壁がはがれてきたり、雨漏りがするようになったりします。

それに従って、柱が腐ったり、錆びたり、場合によっては白アリが住み着いてしまう、なんてこともあるのです。
また、ひび割れもでてきてしまうのです。

そうならないためにも、外壁塗装が必要になってきます。
外壁塗装をすることで、色褪せだけでなく雨漏りなどを防げますし、柱などが弱ってしまうのを防ぐこともできます。
逆に外壁塗装をしないと、後々修理などで高額の費用がかかってしまうことありますので、定期的な外壁塗装をすることで、そういった無駄な費用も抑えられるのです。

外壁塗装は自分でもできないことはありませんが、やはり業者に任せるのがベストです。
ただ外壁塗装業者は今や数多くありますので、どこに依頼したらいいのか分からないという方もいるでしょう。
「ただ塗るだけだからどこでもいい」と思うかもしれませんが、業者次第、作業次第で耐久年数は変わってきますし費用も違います。
中にはほとんど素人の方がやっている業者もあるので、業者選びには十分に注意しましょう。

このサイトでは外壁塗装の業者選びに役立つ情報をまとめていきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ